天井リノベーションのポイント

天井の高い家への憧れ

天井の高い家というのはとても魅力的です。
天井が高いだけで、開放感が出てくるので家の中が広く感じます。

また、天井が高いということは窓が大きく取ることができるので採光の面でもメリットが高いです。
明るくそして開放感があるということで家の居心地は一気に高くなるのです。

しかし、家の天井というのは一度家を建ててしまえば立て替えない限り変えることができないものであるというのが一般的な認識です。
そのため、現状あるものでそのまま我慢をしようと考えることが一般的でした。

天井リノベーション

最近ではリノベーションが注目を集めており、中古物件に手を加えて新しいものにする流れができています。
すでにある家に手を加えるので新築物件の購入よりもリーズナブルに済みますし、現在ある資源を有効利用するということで環境面でも良いことであるとされています。

また、最近では核家族化の進行、都心部への移住といったことにより自宅が余っているケースが増えています。
実家を相続したものの活用法に悩んでいるというケースが多くあります。
中古物件が売れるようになれば、相続した家をリーズナブルに売って、新しく入居者を募りその人にリノベーションして住んでもらうこともできるのです。

このような流れができれば経済も循環しますし、不要物件だと思われていた場所の有効利用にもなります。
購入者もリーズナブルに家を購入してさらにそれを自分好みのものにできるのでオリジナリティのある自分たちらしい家を手に入れられます。
使い道のなかった実家が自分たちの使ったあとを残しながらも新しいものになり誰かの役に立つのは嬉しいものであり、たくさんの人にとって嬉しいものになるためにリノベーションの活性化が進んでいます。

このリノベーションの流れにより、自宅の中の多くのものは骨組み以外を解体して変えることができるとして注目されています。
大体のことはできるとされ、最近では天井リノベーションにも注目が集まっています。

小さなものであれば天井の壁紙を変えるだけでも変化が出て部屋の印象が変わります。
天井の色によっては家が広く見えたり明るく見えたりするので部屋にゆとりが芽生えます。

また、最近では天井を抜いてしまう工事も行われる例があります。
今まで2階があったところをあえて外して吹き抜けにするという工事もできます。

吹き抜けにすることで奥行きが芽生え、圧迫感を一掃できます。
さらには天井に窓をつければ自然採光で電気代節約になることもあります。

マンションの場合には、吹き抜けにすることは難しいです。
ただし、天井の仕上げを一つ外して二重天井を外すだけでも天井の印象が変わりますし、開放感が得られます。