再建築不可な物件でもリノベーションで甦させられるんです!

再建築不可物件

物件の中には再建築不可物件というものがあります。
住宅というのは都市計画区域内及び準都市計画区域内では、幅が4メートル以上の道路に2メートル以上接道していなければ建て替えができないという決まりがあります。

最初に建築時にはなかった家が周囲に建てられていたりすると、自宅がこの接道義務を違反した家になってしまっており再建築ができないということがあります。
再建築ができない物件でも、家というのは老朽化していくものです。

老朽化した家はそのままにしておくと倒壊の原因になりますし、生活をしていても雨漏りが起きたり隙間風が吹いたりということもあります。
立て替えることができないだけであって、リフォームやリノベーションをすることはできるので自宅の不具合を直すということは十分にできるのです。

再建築不可物件をリノベーションする

再建築不可物件でも、確認申請を伴わないリノベーションをすることができます。
ただし、どのようなリフォームでもできるわけではなく、内容によって確認申請をしてのリノベーションが必要なこともあります。

この条件については個人の判断で行うことは難しいものです。
そこで、プロに相談をして可能であるのか確認することが必要です。
プロというのはハウスメーカーや建築士のことを指します。

再建築不可物件を購入してリノベーションをする

最近では新築物件を購入するのではなくあえて中古物件を購入してリノベーションして住むことを選ぶ人が増えています。
こうすることでオリジナリティのある物件を作ることができたり、リーズナブルに自宅を得ることができます。

特に再建築不可物件というのは再建築ができないためにその土地の相場よりもかなり割安に購入できることがあります。
しかし、再構築不可物件というのは金融機関のローンを組んでの購入ができなく現金のみでの購入となることも多いので、予算や準備できる資金との兼ね合いで購入を検討する必要があります。

また、おいおい売却する必要が出てきた時にも、資産価値として十分の意味をなすか疑問が湧く部分があります。
現金での一括購入の必要があるとおのずと買い手がつきにくく希望価格よりも値下げして売却しなければならないこともあるのです。
そこで、購入前にしっかりと考えた上で判断することが重要です。

リノベーションで蘇らせる

リノベーションをすれば、家の中や外は新築どうようのものに仕上げることができます。
もちろん、フルリノベーションをせずに一部のみを改善することもあります。

リノベーションをすれば、小さな箇所であれ大規模なものであれ、家に変化は出てきます。
見た目はもちろん、住みやすさも改善がされ古く建て替えられないネガティブイメージだった家が大幅に好印象に変えることができます。