リノベーションで理想の間取りへ

リノベーション

間取りでマンション購入を諦めてしまう前に考えること

マンション購入をしたあとに「ここは失敗だった」と感じる部分についてアンケートをとってみると、必ずと言ってよいほど上位にランクインしてくるのが間取りに関するトラブルです。

マンションやアパートなどの集合住宅ではどうしても先に室内の面積ありきで設計をするため、必要な住宅設備を限られた面積の中に詰め込むような形になってしまいます。

うまく建物の形状と間取りがハマってくれればそれにこしたことはないのですが、住宅という人が生活する空間においては実際に使用してみるまでその便利さ・不便さがよくわからないということもよくあります。

特に古い住宅にありがちな室内のそれぞれの部屋が細かく分かれており、別の部屋を使用するために別の部屋を通らなければいけないような閉鎖的な間取りをしているところは暮らしているとかなりの不便さを感じることになってしまいます。

立地もよいし価格も手頃なんだけれども間取りがどうしてもよくないという物件も都内などにはかなり多く見られており、売り手にとっても買い手がつかないという困った状況ができてしまいます。

しかしもし建物の問題が間取りだけというなら諦める必要は全くありません。

現在はかなり建築関連技術が高度になっており、「リノベーション」と言われる特殊なリフォーム方法をしていくことにより限られた室内面積をより中に住む人にとってよりよいものに作り変えることができるようになっているからです。

リノベーションをおすすめするマンション

中古マンションを購入する場合、よほど前の所有者が丁寧に室内を使っておりかつ築年数があまりない新しい住宅でもないかぎりはほとんどの購入者は新たにリフォームをすることになるのではないかと思います。

リフォームをするときには基本的には既にある間取りをそのまま活かしてお風呂やキッチンなどの設備を新しいタイプのものに入れ替えるという方法がとられるのではないかと思います。

ですが古いマンションの場合には古い間取りがそのままになっていることもあり、仮に部分的に設備を新規に導入しても根本的な使い勝手は変わらないということもよくあります。

そこでおすすめをしたいのが「リノベーション」です。

リノベーションの場合それまであった間取りや設備にこだわらず、全く新しい住宅設備に作り変えることができます。

リノベーション
参照:https://www.renoveru.jp/renovation

↑こちらのサイトはリノベーションを専門に受注している企業のものですが、事例を見ればわかるようにビフォー・アフターで全く違う部屋であるかのように印象が異なっています。

一度は住んでみたかった間取りを実現することもできるのがリノベーションなので、理想を諦めたくないという人にこそおすすめをすることができます。

信頼できる業者を選定することが大切

リノベーションは古民家の利用や中古マンションへの価値付加ということで全国的にかなり広く行われるようになっています。

請け負う施工業者が増えたことにより、残念ながら経験が浅かったり十分に技術を備えていないところも見えています。

特殊な間取りを実現する場合にはまず前提としてしっかりとした建築や設計に対しての技術が必要なのですが、それを軽視してとにかく受注をして見た目をキレイにするということを優先しているところもしばしば見られます。

リノベーションをする場合には他のサービスの片手間に請け負っているようなところではなく、きちんとした業者と提携している信頼性の高い業者に依頼することが大切です。

中古マンションの物件によっては何ができて何ができないかがケースバイケースで異なってくるので、そのあたりも相談をしながら購入する物件を探すようにしたいところです。