狭小住宅をリノベーションする時に知っておきたいポイント

狭小住宅とは

狭小住宅というのは名前の通り、狭くて小さな家です。
都心になると土地代が高いために、少しでも土地代を浮かせるために狭いところに家を建てることがあるのです。
また、土地が限られており、少ない土地に少しでも多くの家を建てるために必然的に一軒あたりの敷地が狭くなるためこのような家ができるという例もあります。

狭小住宅というのは、具体的には15坪(50平方メートル)以下の土地に建てられた住宅のことを指しますが、細かな定義はありません。
このような狭小住宅に住むとその圧迫感から暮らしにくさを感じることがあります。

また、狭小住宅の中には四角い土地ではなく複雑な形の自宅であったり、周囲と密集した自宅であったりするために、狭いと感じるだけでなく隣家との圧迫感があったり自宅のスペースを上手に活用できなかったりする家のことも多くあるのです。
そのために、ただ狭いだけでなく他にも様々な残念なポイントを抱えていることも多くあるのです。

狭小住宅をリノベーションする

狭小住宅に住んでいると、家の不具合をどうにもできないと思っている人が多くいます。
しかし、リノベーションをすることでその不具合を解消できたり少しでも緩和できたりすることができるのです。

狭小住宅の居心地を少しでもよくするために重要なのが限られたスペースの有効活用です。
狭いと思っていた家でも少しの工夫で広く感じられるようになり、実際の広さが変わっていなくても圧迫感を減らして居心地よくすることができるのです。

最もシンプルで多く用いられる方法は間仕切りの工夫です。
小さい家では部屋を確保すると壁が増えてしまいそれによる圧迫感を感じやすい自宅となってしまいがちです。
しかし、あえて大きめの部屋を多く設けることで壁を減らし圧迫感を減らして室内を広く感じることができれば開放感が上がり過ごしやすくなるのです。

また、収納スペースの上手な作り方も重要です。
狭い空間を少しでも広く見せるためには部屋に置くものを厳選することが大切です。

ものが減ればその分スペースができるので部屋が広く感じられるのです。
そこで、部屋にあるものを減らすためにも部屋にあるものを収納スペースに収めることが重要となるのです。
屋根裏や地下に収納スペースを作って部屋を広く見せるという工夫ができます。

他にも、天井を高くして開放感を出したり、窓の場所を変えて採光性を高めたり近隣の住宅を視界に入れないようにして狭い印象を緩和することもできます。
自分たちのアイデアには限界があるので、このような工夫についてはプロに相談することでより効果的な改善ができることがあるのです。
疑問に思ったらプロに相談することで改善点が見つかります。