中古住宅のリノベーションでよくある失敗

リノベーションへのポジティブイメージ

リノベーションに対して良い印象を抱いているという人はたくさんいます。
新築物件を購入するよりもリーズナブルに自分だけのオリジナリティのある家を手に入れられることをイメージしたり、資源の有効利用ができたり、といったことが長所としてあるためです。

最近では新しいものが良いという考えだけでなく、古き良きものを大事にする傾向も出てきています。
昭和の住宅に今の技術を取り込んで新しいものと古いものとが融合した家というのはなかなか簡単にできるものではなく、センスのあるオリジナリティのある自宅にすることができます。
また、資源の有効利用、必要最低限の廃棄で済むためにゴミが減らせること、経済活動を活発にできることなど、多くの面でメリットを感じるものであり、最近の風潮としてリノベーションが良いもの、流行しているものという空気も手伝って良い印象ばかりを抱きがちです。

リノベーションでの失敗

新生活というのは良いイメージばかりを抱くものです。
引越しをするとなれば、新しい良き出会いがあることばかりをイメージしますし、新しい家に住むとなると綺麗な家に住み気持ちの良い暮らしをすることをイメージします。

しかし、このような良いイメージばかりを抱いていると冷静な判断ができず失敗をしてしまうこともあります。
その時はさほど深く考えず大丈夫だろうと思ったものも、住んでみたら気に入らなかったり不具合を感じたりすることがあります。
入居してから、工事してからではこのような後悔は遅いことが多く、失敗したという例も多くあるのです。

これは、リノベーションでも当てはまります。
そこで失敗をしないために失敗例を先に頭に入れておけばそれだけでも気をつけるべきことが理解できるので失敗を回避できるようになるのです。

リノベーションの失敗例

リノベーションの失敗例の代表例とも言えるのが費用のことです。
中古物件を購入してリノベーションをする時は特に費用での失敗が多いです。

中古物件を購入してリノベーションをする方が新築物件の購入よりもリーズナブルであると考えてリノベーションを選ぶものです。
しかし、実際にはリノベーションの設計をしていけばどんどんといろいろなところが気になり始めてしまい、最終的にはほとんどの場所をリノベーションをすることになり、新築物件の購入よりも割高になるケースがあるのです。

次に、断熱材や耐震性能のトラブルです。
今の建築基準法というのは大地震の経験によって厳しいものへと変わっています。
中古物件の中には過去の基準値で建てられているものがありそれにより購入した中古物件の断熱性能や耐震性能について全面的にリノベーションをする必要があることもあるのです。