せっかく畳んだのにもうグチャグチャ…を改善するタオルの収納術

洗濯

タオル収納を極める

毎日使うタオルですが、毎日無造作に収納をしているといつの間にかタンスの中がグッチャグチャなんていうこともよくあります。

特に小さいサイズのタオルは取り扱いが面倒であり、タオルハンカチやハンドタオルなどは洗濯をしたときには畳んで入れたつもりでもいつの間にか棚の中でぐちゃぐちゃになってしまっていたなんていうこともあります。

実は四角いだけのタオルですが収納をするときにはかなりのテクニックを必要とします。

数多くのタオルを持っているなら、雑然と棚の中に畳んで入れるだけでなくタオルをキレイに収納できるテクニックを身につけておくようにしましょう。

タオル収納のコツはたたむのではなく丸める

タオルを上手に収納するための一つのコツとなるのが「畳む」のではなく「丸める」ということです。

畳んで収納するタオルの場合、下から上に積み重ねて使用していくことになるので何かの事情で下のものを取り出そうとしてしまうと一気にぐちゃっとしてしまうという問題があります。

そこで一枚ずつを丸めて縦に収納するようにしていくと、どのタオルを取っても他のものに影響することがありません。

小さなハンドタオルの場合には大きな棚にそのまま入れるのではなく、100均などで売られている小型のケースに縦に模様が見えるように収納するというのもいい方法です。

上下ではなく左右に並べるようにすると比較的散らからずにすむのでぜひ試してみてください。