悩みの種…ごちゃごちゃさせないコードの収納術!

コード収納

タコ足配線を防いでキレイに収納

パソコンやスマホ、DVDやBD、テレビなど室内には数多くのコンセント製品が存在しています。

どれもなくてはいけないものですが、必要なコンセントをどんどんつけていくと気がつけばタコ足配線があちこちにできてしまっているということがよくあります。

タコ足配線は安全面にも問題がある避けなければいけないものですが、かといっていちいちどのコンセントがどれになるかを調べるとなると非常に手間がかかってしまいます。

あちこちから伸びてきた電源はスパゲティ状になってしまっていることもあり、室内の見た目を悪くしてしまいがちです。

そこでおすすめしたいのが、複数のコンセントをキレイにまとめてなおかつおしゃれに見せてしまうとっておきの収納術です。

壁から伸びるコンセントを上手に利用することで、室内の安全を確保することもできるのでここは気合を入れて取り組んでもらいたいところです。

電源タップを箱に入れて収納

まず室内でできるだけ隠してしまいたいものの一つに複数のコンセントを一度に扱うことができる電源タップです。

パソコンなどたくさんの電源が必要な箇所ではいくつもの電源タップが置かれていることもありますが、むき出しのままにしておくのはホコリも入りやすく見た目もよくありません。

そこで電源タップのサイズに合わせた箱を用意しておき、その左右から電源コードが出るように穴をつけてしまいます。

このときどこからどのコンセントが来ているかわからなくなってしまうこともありますので、市販されている荷物のタブをつけて一緒に箱の中に入れてしまうというのがおすすめです。

いちいち市販品を買わなくても、食パンを購入したときに袋を止めるのに使用されているプラスチックのチップを使えば電源コードにピッタリのサイズですし、表面にマジックで文字を書いておくということもできます。

箱に入れてしまえば長さが余っているコードも一緒に収納できるので、タップの数だけ溝や穴を自分であけてどんどん自作してみましょう。

使わないACアダプターも一箇所にまとめて

常に使用しているコードの他に、携帯の充電器のようにその時だけ必要になるACアダプタもたくさんあることと思います。

そうしたアダプタは無造作に扱ってしまっていると必要なときにすぐに取り出すことができず、ムダに時間を使ってしまったりしてイライラしてしまうことでしょう。

そこでおすすめをしたいのがそれぞれのアダプタを収納することができる小さなサイズのボックスの使用です。

100円ショップなどでは野菜や衣類を保管するために一つの箱の中を小さく仕切ったボックスが販売されているので、そうしたものを使用すると必要なアダプタを決まった位置に収納することができ室内の乱雑さを防ぐことができます。