【完全版】ナチュラル可愛い!北欧インテリアのススメ

北欧風

日本で大人気の北欧インテリアとは

ここ数年の間に日本国内で急激に人気が高まっているのが「北欧インテリア」です。

IKEAなど有名家具メーカーでも日本向けの支店では北欧風モデルルームを多く設置しており、本場北欧のメーカーの多くも日本の家具店に品物を卸しているのを見かけます。

北欧「風」ではなく本場北欧で作られた家具を使用したいというなら、まずは主な北欧の有名家具メーカーをいくつか調べておくのがおすすめになります。

代表的なところとしては、デンマークの「カール・ハンセン&サン」や「ゲタマ」「ピーピーモブラー」といったところがあります。

他にもフィンランドやスゥエーデンのメーカーも多く日本で販売をしていますが、シェア的にはデンマークが最も多いようです。

北欧インテリアを自宅で実現するなら、最も簡単なのは上記のような本場の家具を購入して揃えてしまうという方法です。

しかし室内全ての家具を同じメーカーで揃えるというのはかなり大変ですし、間取りなどの問題もあることと思います。

ですので本格的に北欧インテリアを始めるなら品物ありきではなくまずは北欧の住宅設備において基本とされる思想的な部分から理解をしていくことが大切になります。

居心地のよい空間を作ることが第一

北欧インテリアの最も基本的な考え方となるのが「長い時間を過ごしやすい室内にする」ということです。

北欧のデンマークやスゥエーデン、フィンランド、ノルウェーは地理的に北極をすぐ近くとする世界中の国の中でも特に寒さが厳しい国となっています。

冬期間はとても長く、その間ずっと深い雪に囲まれた環境で生活をしていかないといけません。

当然そうした時間には室内で過ごす時間が増えますから、自宅内をどれだけ自分と家族が過ごしやすい空間にしていくことができるかということが人生における快適さの追求に直結していきます。

そのため一般的な北欧住宅においては内部にはあまりものを置かない、シンプルかつナチュラルな空間づくりがされるようになっています。

ごちゃごちゃとものをたくさん置くのではなく、極力身の回りはシンプルな色合いと十分に広さを確保できている空間にすることを心がけているのです。

また住宅建材や家具に木材を多く使用していることも特徴で、床や壁にも木材の木目をそのまま活かした配置をしています。

北欧インテリアのもう一つの特徴になっているのがテキスチャのように配置されている独特の模様を持った布類ですが、それらも自然風景をモチーフにしたものがほとんどで、シンプルなだけでなく適度に柔らかさやビビットな色使いを室内に加えています。

なので北欧インテリアを実現するならまずは白を基調にしたシンプルな配置を心がけ、そこに一点こだわりのあるカーテンやソファーカバーなどの布類を加えていくようにします。

ポイントは「白色」と間接照明

北欧インテリアをどこから初めてよいかわからないという時には、まずは壁や床、天井にナチュラルホワイトを使うようにしてみるというのがおすすめです。

DIYでキッチンリフォームをされる人が増えていますが、例えば木目を透かすようにして白色に塗った板をキッチンの壁や仕切りとして置くだけでもかなり雰囲気が出ます。

部屋全体を白基調にして小物は隠すようにするだけでもぐっとオシャレ感が出てきます。

また室内の照明はできるだけ間接照明を使うようにして、白色をほのかに浮かび上がらせるようにするというのもポイントになります。