個性を出すならココ!お部屋のディスプレイスペースを活用しよう

部屋のディスプレー

今ひとつ垢抜けない部屋にワンポイント

おしゃれな室内インテリアにしたいのだけど何かワンポイントが足りない。

そんな悩みがある人におすすめをしたいのがディスプレイスペースの活用です。

ディスプレイスペースとは部屋の内部で直接機能とは関係ないような壁やコーナーを使って何かを飾るということで、さりげなくインテリアを置いておくだけでぐっと室内の印象が異なります。

室内に置かれているものは冷蔵庫やテレビなど生活に必要なものが大半ですが、そこであえてそれがなくても直接生活に何か支障があるわけではない品物を置くことで生活に余裕を感じさせることができるようになります。

室内が狭くてインテリアを置くような場所なんてないという人であっても、今は便利な壁に直接つけることができる棚などもあるのでそうしたものを上手に利用してみてください。

壁につけるタイプの棚のことを「ウォールシェルフ」と言いますが、これは最初から施工業者につけてもらうこともできるだけでなくホームセンターなどでもDIY製品を購入することもできます。

自分でウォールシェルフを設置するときには重量に注意をするとともに壁に余計なキズをつけないように慎重に取り扱いをしていくようにしましょう。

ウォールシェルフに飾るおすすめの品物

ウォールシェルフを使用して飾るときにはあくまでも実用ではなくインテリアとして純粋に使用していくということが大切です。

どうしても実用的に使用したいという場合には、化粧品の瓶や香水、アロマなどその瓶自体がおしゃれな造形をしているものを並べるようにしたいところです。

コツとしてはあまり沢山ものを雑多に乗せようとするのではなく、できるだけ空間を生かした余裕のある配置にしていくようにしてください。

置く品物に特に決まりはないのですが、一例としては小さな観葉植物や額縁、貝殻などといったものを並べると手軽でかわいいインテリアになります。

インテリアとして海外の絵本や書籍を買って並べてみるというのもおすすめです。

または気に入ったCDやDVDのパッケージを見えるように並べるというのも自分にとって心地よい空間にするための一つの方法です。

あとはおしゃれな人の中にはレトロな玩具を使ったり、海外の珍しいパッケージをした食品の瓶や缶詰などもインテリアとしてうまく使っていくことができます。

ウォールシェルフに乗せるためのインテリア探しをしていくというのも趣味になるので、定期的に入れ替えをするというのもいいかもしれませんね。

こんなところにもディスプレイができる

ウォールシェルフを設置することができないという賃貸住宅やマンションであっても工夫次第で上手にディスプレイを設置することができます。

おすすめの場所としてはまずカーテンレールの上部にある天井との隙間があります。

カーテンから天井の間のスペースは特に何かに使うことができるスペースではないですが、生活をしていると必ず窓を目にしますので案外視界に入る部分です。

しかもカーテンレールの上部には板状のものを設置しやすく、壁などにつくキズも最小限に抑えることができます。

他にもデッドスペースになっている部屋の隅に三角型の棚をつけたり天井からぶら下げてみたりと色々工夫ができますので、ぜひ自分なりの間取りの生かし方を研究してみてください。