二世帯住宅で親子が協力し合える間取りを考える

2世帯住宅

二世帯住宅の間取りの種類

結婚をして子供が出来た時には、育児を手伝ってもらえる両親と同居ができると心強いところです。

そろそろマイホームを作ろうかなという話が出てくる時期は、ちょうど夫婦の両親が将来の介護や生活面の不安を感じる時でもあるので、体がまだ元気なうちに同居という生活スタイルに慣れておくというのはよい方法と言えます。

二世帯住宅は新築でもリフォームでもかなり多く着工がされている住宅スタイルですが、詳しく設計をみてみるといくつかの方法から選ぶことができるようになっています。

二世帯住宅の基本的なスタイルとしては、「分離同居」「共有同居」「融合同居」の三種類があります。

「分離同居」とは建物そのものは一体的になっていますが、両親世帯と子供世帯とが完全に生活空間として分離されているというものです。

入り口の鍵も異なっており、それぞれの住宅スペースで生活が完結するので同じ集合住宅の中に二つの世帯が住んでいるという非常に近いお隣さんというイメージです。

「共有同居」は基本的に生活空間は別棟になっているものの、キッチンやお風呂などの部分的な設備が共有になっているというものです。

イメージとしてはそれぞれがプライベートルームを持つシェアハウスといった感じで、それぞれの生活スタイルに干渉されないようにしつつも、食事や清掃などの家事を分担して行うことができるという一体感があります。

「融合同居」はこれは従来どおりのイメージによる同居形態で、同じ世帯の中で同じように生活をしていくことになります。

どのスタイルが自分たちに一番適しているかはケースバイケースなので、話し合いをしながら様式を選ぶようにしましょう。

近すぎず遠すぎずがこれからの二世帯住居

若い夫婦世帯が子育てに協力してくれる人を求める反面で義父母と同居をすることを嫌うという現象のもとになっているのは、価値観の相違やお互いへの干渉があるからです。

一度子育てを経験してきた義父母にとっては、初めての子育てをしている子供夫婦のやり方は何かと目につくところが多くつい口を出してしまいたくなります。

ですがそうした価値観の相違というのは世代があるので完全に埋めることはできません。

ですのであえて生活空間を分けることにより、お互いが必要以上に踏み込まない微妙な距離感を保つことができます。

同じ二世帯住居でも間取りや共有方法によってかなり住み心地が違いますので、過去の事例もしっかり参考にしつつ決めていきたいところです。