忙しい子育て世代の間取りを考える

子育て

子育てしやすい住宅とは?

子供ができて本格的に育児をするようになった頃にちょうど欲しくなるのがマイホームやマンションです。

大人しかいない世帯の場合、生活のための行動をするときに特別に安全性や効率性を深く考えるということはあまりありません。

ですが子供ができてしなくてはいけない家事の量が爆発的に増えたり、少しでも急いでやらないといけない作業ができてしまったりすると、住宅内のちょっとした部分に使いにくさを感じるようになってしまいます。

わかりやすい例としては普通の賃貸住宅にあるようなキッチンでは作業をしているときにはどうしても居間や子供部屋にいる子供に対して背中を向けることになってしまいますので、様子をうかがうために何度も振り返ったり声を出していかないといけません。

賃貸住宅の多くはあまり子育てを意識した動線設計になっていないので、台所に行ってランドリールームに行ってベランダに出るといった一連の動きをするときにもいくつか扉をあけたり段差を超えたり遠回りをしなければいけなかったりします。

マイホームやマンションリフォームでなくとも子供が大きくなってきた頃に合わせて引っ越しをするということは多いと思いますので、子育てのしやすい住宅設計であるかということを考えながら選ぶようにしたいところです。

子育てには広いスペースが必須

子育てを開始してだいたい小学校を卒業するまでの10年あまりの間に最も必要性を感じるのが広い空間です。

最近はキッチンとリビングを完全に分離しないリビング・キッチン方式の間取りが人気ですが、広い空間で家族一緒に食事をしたりテレビをみながらくつろいだりといった時間を持つことはとても大きな意味を持ちます。

広いリビングスペースがあるとキッチンからも見えやすいですし、作業をするにしても場所を使って洗濯物をたたんだりできたりするという大きなメリットが有ります。

子供が大きくなってきて自分のプライバシーを意識するようになってくると、今度はきちんと分離独立した子供部屋が必要になってきます。

そうした将来のためにも部屋や間取りが全体的に可動性のある再配置のしやすい住宅にしておくということも大事です。